2020年12月1日から「平和と鎮魂」をテーマにした沖縄、台湾、韓国済州のアーティストによる作品展を開催します。
2015年からマブニピースプロジェクトとして始まったアートによる平和への探求展に今年から参加致します。
本来なら6月に開催する予定でしたがコロナ渦の影響で12月へ延期になり、ようやくの開催になりました。
5つの展示会場、3つのアトリエ/サテライト会場があり、私は糸満市にあるキャンプタルガニーアーティスティックファームで作品を展示することになりました。
breath  ブレス
今現在も埋められ続ける海や珊瑚たちは  私であり あなたであり あなたである
かつて、愛おしいことばたちは  冷たい石棺へ葬られた。  その反省はされてきたのだろうか。
ラッパ吹きは柔らかくうつくしい手で  万色のことのはを摘み取る。
善人共が群れを成し  大地に根ざした文化をみじんに破壊する。
おのおのがいのちを抱きしめて  過酷な時代を生きていかねば。

おじい、おばあたちは言う。今の世はかつての戦が始まる前夜と同じにおいがすると。
今の世とかつての戦乱の世との違いは、思いひとつであらゆる情報にアクセスすることができること
知らなかったでは通用しない世になった。これは幸福なのか不幸なのか。
見たいものだけを見る、知りたいことだけに浸かる。私たちは進化したのか、退化したのか。
私たちが発する言葉は軽くなったようにみえて、体にまとわりついて首輪のように自身を抑圧する。
寿ぎと呪いを同じくちで発することができるのがにんげん。
穢れをおそれて他を排除することで 守れたものは何なのか。そもそも安息は得られたのか。
否、心の平安は自ら探求しなくては見つからない、与えられたものは飴ではなく石ころなのだ。
個を捨て団塊になることを求められた世から解き放たれ、個と個がゆるゆるとつながる世界へ
わからなかったらわからないと言おう。すきなものはすき、いやなものはいやだと言おう。 
助けてほしいと、助けたいと言える世界へ それが平和へのみちしるべ。
■ギャラリー紹介
キャンプタルガニーアーティスティックファーム
住所: 〒901-0335 沖縄県糸満市米須304
沖縄アジア国際平和芸術祭:ホームページ https://oaipap2020.mystrikingly.com 
Back to Top